茨城県ひたちなか市で

コピーライター&デザイナーとして活動中の

コトバ to デザイン 徳光千春です。

今日は、心に残っている名言について。

『人を叱るときの心得』

1 プレーは叱っても、人格は否定しない。

2 後で必ずフォローする。

3 他人と比較しない。

4 長時間叱らない。

元ラグビー日本代表選手としてご活躍され
監督としてその手腕をふるわれた
故  平尾誠二さんの名言です。

私はこの言葉を聞いて、心から感動しました。

社長として社員を教育する立場にはならないとしても

先輩社員としてや先輩社会人として、

“人を叱る”  というのは、
だれにでもある機会かも知れません。

叱ることまではなくても、

後輩や他人の失敗について

チクリと嫌味を言いたくなることはあると思います。

人間ですもの(笑)

もっとも一匹狼が性に合っている私の場合

仕事で誰かを指導するというのはありませんが

わが子に対して、つい声を荒げるようなこともあります。

そんな時、ふと思い出します。

「ほんっと、ケチだね~!」

・・・これって人格否定?

「さっきイライラして怒ってゴメンね」

・・・って、言えてるかな~?

「もう年中さんなんだから・・・」

・・・あれ?誰と比べて言ってるの?

「こないだ言ったよねぇ?!」

・・・あ、だいぶ前のこと、まだ根に持ってる。

みたいな。

自分が叱られたことを思い出しながら読み返すと

「うんうん、そうそう。」

と、納得の名言ですが

自分がイライラしているときには

「そんな簡単には行かないんだよ!」

と、目をつぶりたくなる。

耳が痛い。目が痛い(笑)

それはさておき、

心を打つ名言を見ると

こんなコピー、書きたいな。

と、燃える徳光でございます。