茨城県ひたちなか市で

コピーライター&デザイナーとして活動中の

コトバ to デザイン 徳光千春です。

水戸のど真ん中で、80周年を迎えられたサロン

スピックサロン水戸芸術館j通り店

戦時中にデビューした美容室が、

毎日変化と挑戦を繰り返しながら80年。

ついに四代目の真寿美さんがオーナーとして

走り出しました。

真寿美さんと出会ったのは約3年前。

当時は大きなお腹でママヨガに参加されていました。

それからお仕事のセミナーで出会った時に

私が、ひざに水を溜めていたことが

距離を縮めるきっかけになりました。

「そういう人、ほっとけないの!!」

by真寿美さん

って(笑)

いまはお互いのサービスを受け合いながら

3人の子育てママとして(私はまだ3人目がお腹の中ですが)

共通の話題をシェアさせていただいています。

そんな真寿美さんにお誘いいただいて

息子を連れて軽~い気持ちで訪れた記念パーティー。

80年という立派な歴史を持ちながらも

決しておごることなく

お客さまの美と健康のために

日々新しいことへ挑戦し続けているサロンの紹介や

真寿美さんと

アーユルヴェーダコーディネーターの谷中碧さんとの対談、

最後は真寿美さんの四代目オーナーとしての挨拶を聴きながら

途中、何度となく目頭が熱くなりました。

いつも思っていたことがあります。

私より若いのに、

なんでこんなに堂々としてるんだろう?

なんでこんなに他人に気遣いできるんだろう?

なんでこんなに自分を持ってるんだろう?

美に関することは幅広く習得し

未来のお客さまのことを常に考え

訪れたチャンスに対していつも前向きに立ち向かい

情熱を絶やさない。

80年続くサロンの歴史と、真寿美さんの行動や志が

ちゃんとリンクしているんだなぁと感じました。

こんなに身近に、こんなに素敵なひとが居ることに

感謝・感激。

美と健康について話しだしたら止まらない真寿美さん。

これからの活躍が、ますます楽しみです。

私もがんばらねば!