茨城県ひたちなか市で

コピーライター&デザイナーとして活動中の

コトバ to デザイン 徳光千春です。

昨日の朝のできごと。

イアリングをつけた私に食いつく子どもたち。

4才の娘も、1才の息子も、自分の耳につけたい!と。

お出かけ前だから急いでるんだけどなぁ~・・・

ま、いっか。

ってことでつけて、ひとしきり楽しんだところで

「さ、行くよ! イヤリング返してね~」

あっさり返してくれる娘ちゃんに対して

息子くんは かたくなに外さない!

結局このまま車に乗りました(笑)

昨日は “伝わるように伝えること” の大切さを

学んだ日でした。

子どもにも、パートナーにも、お客さまにも

「伝えたい想いは、伝えないと伝わらない」

と言うと、当たり前のことなのですが

自分の『本当の想い』を伝えるためには

どうすれば伝わるのでしょう・・・

たとえば子どもに対して

朝、バタバタしています。

さぁ出かけるよって時に限って

なぜか足もとに子どもがいて、つまずく(笑)

「もぅ、そこ邪魔だよ!」

って言いがちですが

冷静に考えると、それってただの八つ当たりです。

この時の私の本当の想いは、

「私は急いでいる。早く出かけたい。」

です。

私の場合、親業を通して学んだことを活かして

出来る限り素直な気持ちを言葉に出すように心がけています。

子どもにつまずいたときは、イライラしてても

まずは

「ごめんね」

それから

「お母さん、急いでんだよ~!」

って言うと、

「そうなの?」って。

ちょっと急ぎ始めてくれる。

さっきからバタバタしてるの見てただろ!?

気づいてよ!

って思いますが、それは母の独りよがりです。

子どもたちにとっては

「そんなの知らないし」です。

パートナーに対しても しかりです。

無言でイライラを伝えるよりも

なぜイライラしているのか自分で自分を分析して

素直に言葉に出すことができれば

意外とうまくいくものです。

とは言っても・・・

というのが現実ですけどね(;^_^A

★まずは自分に素直になって

正直な気持ちを分析する。

★自分の正直な気持ちが分かったら

それを伝えたい相手に言葉で伝える。

★伝えて理解してくれたら

心をこめて感謝を伝える。

自分も大切。家族も大切。お客さまも大切。

大切な人を守るために

プライベートにおいても仕事においても

伝えることを大切にしながら

自分に正直に生きていきたいと思った

昨日でした。