実母のしがらみ

幼いころから
縛りの多い
日常を過ごしていました。
その縛りをやぶると
お仕置きがまっています。

 

そうそう、母に隠れて
こっそり『ヤヌスの鏡』をみては
自分を重ねていました~
なつかしい!(笑)

 

そして高校卒業と同時に
実家のある徳島から
大阪へ出ました。
いま思えば、
『進学』という名の
家出です(笑)。

 

反対されることは
百も承知でしたから
仕送りも要らないし
学費も自分で払う
と決めていました。

 

自由になりたかったんです。

 

あらためて母から言われてきた
きまり事を書き出してみると
これでよく育ったな、と
自分をほめてあげたいです!
あ、もちろん
一生懸命育ててくれた母には
感謝してますよ~♬

 

このしがらみがなければ
いまのわたしは居なかった。
そう思うと
これから先の困難も
なんてことないな、と
立ち向かえる。

 

そんな振り返りができた
個人的なメモです。

 


◎あたりまえstage
嘘つきダメ
泥棒ダメ
わがままダメ
けんかダメ
悪口ダメ

 

◎ちょい厳しいstage
漫画ダメ小説ダメ
テレビダメ
膝上スカートダメ
ルーズソックスダメ

 

◎さみしいstage
誕生日祝いダメ
正月祝いダメ
クリスマスダメ
バレンタインダメ
お祭りダメ
占いダメ
校歌・国歌ダメ
神社ダメ
お葬式ダメ

 

◎ふしぎstage
学校の友だちと遊ぶのダメ
選挙で学級委員決めるのダメ
勝負ごとのある部活ダメ
大学進学ダメ
恋愛ダメ
結婚ダメ

 

◎思考ストップstage
自分の意見主張するのダメ
目立つのダメ
自信満々ダメ
誉められて喜ぶのダメ
胸を張って歩くのダメ
ダメと言われたことについて
疑問を持つことダメ

 

いま考えてみれば
ダメと言われたツラさより
ダメな理由に
納得できなかったんですよね。

 

これらの”ダメ”を、
ことごとく
打ち破ってきたわたしは
最高の親不孝者で
最高の幸せ者です!

 

さあわたしよ
母を越えていけ!!

ポイっ!

悲しかった記憶をたどると
だいたい母の顔が出てきて
心を無にするわたしがいます。

 

☆記憶1
雛人形をどうしても
飾ってほしくて
父親に駄々こねたときは

「お父さんに
お雛さん出してって
言うたんじゃって?
お仕置きするけん
お尻出しなさい」

・・・
ワガママ言うのは
やめようって
唇をかんだ日でした

 

☆記憶2
リレーの選手に選ばれなくて
泣いたとき

「そんなに目立ちたいんか?」

・・・
くやしかったことを
報告するのはやめようと
決めました

 

☆記憶3
英語が苦手なわたしが
高得点をとったとき

「こんなはずはないわ。
明日先生に間違えてますって
言うて来なさい」

・・・
うれしい報告も
やめておこうと決めました

 

☆記憶4
わたしの色の好みが変わったとき

「学校の友だちに影響されてしもうとるな」

・・・
お母さんの前では
ピンクが好きって
言わないでおこうと決めました

 

あ、阿波弁(徳島)です(笑)

 

姉やわたしに
子どもが生まれてからは

「協調性がない子はこまるわ」

「この子はなんでも
一番になりたいんじゃな」

「あれはいかん。
親の育て方が悪いんじゃわ」

「どんな子になるか
見といたらええわ」

とかね。

 

わたしは母の言葉の裏にある
『否定』を
受け入れつづけて41年。
やっと『受け流す』ことを
実践できるようになってました。

 

実の母ってとくに
のろいのような言葉を
かけてきませんか?(笑)
本人はのろってるつもりなんて
さらさらないんです。
当たり前だけど。
(ホントにのろってたら
怖い(;^_^A)

 

親としてのアドバイスのつもり。

娘としては
その言葉を無下にしてしまうのは
なんだか申し訳なくて
いったん受け入れて落ち込んだり
はたまた反抗して
言い返してしまったり
するんです。

 

悪循環!

受け止めたら、ポイっ!
って
捨てちゃっていいんだよね。
ドッチボールみたいに
投げ返さなくていいの。

 

わたしは最近
母には都合のいいことしか
報告しません。
だって、お互いストレスだから。

 

親族や隣人に
意見を聞いて
参考にするのはいいけれど
監視される必要はないし
指図される筋合いはない。

 

親の意見に振り回されていたら
いつまでたっても
親のせいにしてしまう。

 

いやだった想い出は
子どもたちに
引き継がなければいいだけ。

 

自分の責任で生きなければ。
わたしだって、
もう立派な大人ですから。

 

わたしは母じゃない。
わたしはわたしなんです。

それぞれ苦労はありますよね~お疲れさまです!
お時間さいてご覧いただきありがとうございます!!
アンケートにご協力お願いします。何回ご回答いただいても結構です。メッセージいただけると励みになります!